お得なETCカードの3つのメリットと1つのデメリット

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路の料金をどう支払っていますか?大半の人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調査では平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか検索してみたところ一般レーンで係員とやりとりをして支払いするより短時間で通過できることや料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例に挙げると一般レーンでの現金支払い料金が3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

車に乗る機会が多い方は持っていると便利なETCカードを作っていますか?持っていない場合はカードを発行するためにクレジットカードの申込みが必要です。

現在、クレカを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですがサブクレカを申し込む時に一緒に発行するのもいいですね。

ここでは現在カードを持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどに代表される年会費無料の会社がいいでしょう。

楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高く他にも特典のつく楽天カードという選択肢もあります。

このように使用頻度やポイント還元率から自分に合ったカードを探してください。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから友人からカードを借りてくる。

という話を聞きます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードも問題なく利用はできますが信用面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約を見ると本人以外の利用が禁じられているからです。

制度について簡単に書くとETC・クレカともカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード所有者の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

たとえ家族だとしても名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは厳密には規約違反となりカードが使えなくなる可能性を含んだ行為になります。

高速道路などを利用するときなどに割引があったり一般レーンと比べて料金所で止まらずに通過できお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のETCカードを皆さんはどう管理していますか?ネットで検索してみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速に乗る段階になって挿入し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても利用停止にしたらいいから気にしない」といった意見がありました。

ただ挿したままの方の中には別のカードにしようと思って1回抜いたら起動時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカー返却時にいつものくせで挿したまま引き渡してしまったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときに入れて使わない時は抜くようにしましょう。

高速道路の料金所でストレスなく通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですが利用している割合はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本の利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約9割の車で使われていたそうです。

つまり、ほとんどの方がETCを利用しているということです。

例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが現金・クレカ支払いでは約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとまだETCを使ったことがない人も使いたくなりますよね。

カードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はマイページで追加発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時に申し込みができます。

トラブルが起きるタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前ETCカードを利用しようと思って財布の中を見ても見つからなかったんです。

その後自宅に帰ってから改めて探しても見つからずどうやらどこかで落としてしまったようです。

トラブル時にどうしたらいいのか慣れていないので焦ってしまいました。

ネットでどうしたらいいか調べ、カード会社に連絡をしたところ紛失盗難デスクに電話をしたところそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料は必要ですが手続きをしてから1から2週間程度で新しいカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても落ち着いて行動をしましょう。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカを保有するのが不安でETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんなクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは発行時にデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額に対して5千円単位(5000?、10000?)で切り上げた額の4倍以上の金額をデポジットとして預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえ可能ならば何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との特に大きい違いがこの点です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードの2倍近く高いです。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカードなど様々な支払い方法が選べます。

最近ETCカードについて調べていたところカードによってガソリン給油時に値引きやクレジットカード利用時のポイント付与が2倍になるなどの特典がつくお得なカードもあるようです。

楽天カードを例にすると、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイント還元率が2倍になり貯まったポイントで支払いもできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路で遠出する方は給油特典があるカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに異なるので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

就職や転勤などを理由に大都市へ引っ越したことにより車に乗らなくなった。

そんな時に年会費が設定されているETCカードを所持している方はカードの解約を考える方が多いと思います。

クレカも一緒に解約するパターンとETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみでも解約可能という場合は即日というように時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したという通知がきたら、磁気テープ部分とICチップ部分を読まないように真二つに切断し、外から見えない封筒に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

高速道路の料金がレーンを通れば自動で引き落とされるETCですがネット上でこんな質問を見つけました。

「ETCカードで給油時の支払いはできますか?」という質問です。

答えとしては、基本的には不可能になっています。

基本的にと書いた理由としては、クレカ機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレジット機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

出光やコスモ石油をはじめとしたガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型のメリットは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽なところですが高速道路を走っている途中でPAなどでクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜かなければ使えないという部分が少し面倒に感じる方もいます。

よく「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスをする人がいます。

学生だとクレカは作れないんじゃない?と思う方もいると思いますがクレカの種類の中には学生専門クレカもあるくらいで審査の厳しくなる社会人になる前に申し込みをしましょう。

ということなんですまた、学生専門ローンの中にはポイント還元率のアップやある年齢まで継続すると自動でゴールドカードにランクアップするなどのメリットもあります。

申し込みする際に車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済し続けることで個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってからローンなどが組みやすくなります。

ETCカードを挿入したままにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、焦ってしまうと思いますが焦ったまま行動をするのではなく落ち着いてから連絡をしましょう。

もし紛失だったとしても必ず警察へ届け出をしてください。

届け出後の対応はカードの発行元によって変わりETCパーソナルカードの場合はパーソナルカード事務局へ電話をかけてください。

対応時間は平日の日中のみとなっていますが早めに連絡するようにしてください。

クレカ会社が発行しているカードの場合は発行元の会社への連絡になります。

カード会社によって若干対応の違いや連絡手段の違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付のフリーダイヤルで連絡ができます。

ETCカードで無線通行して高速道路の出口を通過する際、問題なければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

何らかの原因で出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もし走行中などに車載器側でエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

気づかぬままETCレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出てバーも開きません。

バーが上がらなかった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触しないように車を停めましょう。

停車時は事故につながることがあるため焦って車外に出ないようにしましょう。

バーの手前にインターホンがあるのでスタッフの指示に従うようにしましょう。

ほとんどの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますが入り口でETCレーンを通過していれば割引は適用されるので安心してください。

大学生になったのを機に車の免許を取ったという方もいると思います。

夏休みや春休みに友達と遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2種類があります。

クレカ会社で申し込み、発行しているクレカタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードという2種類です。

特別な理由がなければクレカタイプで作成しましょう。

その理由としてはクレカタイプの場合は申し込みと同時に発行、すでにクレカを持っている方の場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに必要なものはなんでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを所持していなく銀行のキャッシュカードしか所持していないという方はクレカを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている場合はそのまま発行手続きができます。

銀行のキャッシュカードで作れない理由としてはETCのゲートを通るときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としにしてしまうと偶然口座にお金がない、新しく口座を作ってお金を移動してしまった場合にETC出口で通過ができなくなってしまうからです。

引用:ETCカード審査なしで作る方法は?損しない選び方とは