住宅ローン借り換えの手数料比較でお得なのは?

住宅ローン借り換えで、フラット35にするか一般銀行の住宅ローンにするかで迷っている人も多いのではないでしょうか。
フラット35sは新規限定ですが、フラット35は借り換えに対応していますし、最長35年間固定金利で推移する安心感があります。
しかも最近は低金利に落ち着いていて、1%台前半となっています。
借り換えの条件としてもフラット35なら、住宅金融支援機構と銀行の提携によって提供されているので、審査基準の年収や雇用形態の審査が緩やかだとも言われています。
ただ、団体生命保険や保証料が、登記申請の手数料意外にかかってきますから、銀行の住宅ローンの金利と同じくらいのケースでは、銀行の住宅ローンの方が節約効果が高くなることもあります。
フラット35は審査に通りやすい?甘い住宅ローン!【おすすめ銀行は?】