にきび痕とシミとは別物?

メラニン色素が表皮に残す肌のシミのようなものが、色素沈着で残ってしまうにきび痕というものです。
メラニン色素の真皮層にできたにきび痕はどんなに時間がたっても消えないといいます。
必要なのは、ケミカルピーリングで皮膚の古くなった角質を除去したり、ビタミンCの導入で皮膚の活性化を図ることです。
にきびがなくなった後も赤みが残っている場合、皮膚の内部はまだ炎症が起きている可能性があります。
赤みが残ったにきび痕は太陽光にさらさないようにしたほうが、紫外線に肌をさらすと炎症が悪化する可能性がありますので良いでしょう。
にきび痕の完全な回復には皮膚科や美容外科の施術を受けなければならない場合もあります。
アンプルールクリームAOはくすみ抜けや透明感に効果がある?【Q&A】